まわる、まわる。

静かな回転と重なるリズム。

海がうねる、山がうねる。

植物が身体をうねらせて大きくなる。

赤ん坊も頭を左右に回転させながら産まれてくる。

おんなじように、糸も回転を加えて糸になる。

紡ぎ車を押す足は、波のような一定のリズム。

紡ぎ車を回し始めた頃、

その回転の中に様々な出来事が結びついたことを思い出す。

その後、ギリシャ神話のモイラという女神の話を知った

三人で一組のモイラは、人々の生命の糸を紡ぎ、計り、断ち切り、

その人の寿命を決める役目があった。

彼女たちが定めた糸の長さは簡単には変えることができず、

神々の王ゼウスでさえも難しいことだったとされている。

そのことから紡ぎ車は、“運命の輪”のシンボルとなったといわれている。

私が糸紡ぎに感じていた生命のうねりは、

私が思うよりずっと昔から深く繋がりのあることだった。

さて、人々は古くから紡いだ糸を用いて、織り、編み、刺繍など、

様々な文化の中でそのひと目に願いを込めた。

多くは大切な人の無事を祈願するものであり、魔除け的なもの。

一定に針を進める作業はある境地を超えると無心になる。

糸の小さなうねりに呼吸を合わせると、自然とリズムが整ってゆく。

でもそれは、自分の運命と、紡がれた糸の運命を交わらせることで、

変えることのできないはずの危険を回避させたり、

行くべき道にガイドを示すような役割があったようにも思う。

私は小さい頃から針と糸を手にしていた。

その模様に込められた意味を知らなくても、

ひと目ひと目を刺してゆくことが、ただただ楽しく続けてこれたのは、

無意識のところでそのことを感じとっていたからかもしれない。

両親が名付けてくれた私の名前には惑星という意味があるが、

今になって、幼い時から身近にある糸と、日々回転する星々の繋がりを強く感じている。

その時その時の糸を、必要な形で届けられたらと思っています。

 草曜舎   松尾曜子      

松尾曜子 Yoko Matsuo

1984年生まれ

2018年 草曜舎を始める。

主に草木染めのウールを紡ぎ糸作品を制作する

そのほか依頼に応じて制作しています。