検索
  • 松尾曜子

ニラ⑶

ニラの包容力

さて、ニラの最終回。

ニラって、どこを触ってもツルツルなんです。

そういえば、他の球根植物もほとんどが毛が生えていないな…。

ニラと同じ科のヒガンバナには毒があるし、


毒の無い他の球根植物も虫が来るイメージがあまりない。



植物の毛の役割は、強すぎる日光を遮ったり、


風の影響を抑えたり、虫や獣除けだったりする。


▶︎トマトにある毛の様子。

結構チクチクします。









▶︎ニラの葉の様子

全体的に毛は見受けられない。










表面的に防御するような形が見られないのは、


内部に何か特別なものがあるのかな?


ニラには、強烈な匂いがあるよね。

妖精がいそう、なんて前回軽々しく言ってたけど、


少しでも傷をつけると、


一気に中華屋さんの厨房にトリップ。

ニラの匂い成分は、アリシンという物質。



ニンニク、玉ねぎ、ネギなどにも含まれていて、


防カビ、強い抗菌作用があると言われているそう。

確かに、ニンニクや玉ねぎの皮はカビているのを見たことあるけど、


中がカビているのは見たことないかも。

なるほど、外的要因で腐る可能性が低いから、


毛で防御する必要がない。


環境に左右されない芯の強さ。

頼もしい。

でも、それは同時に、


環境の変化を一度は受け入れている、ということでもあるわけで。


(※3と水星の特徴とも通じるね、動きの中でふたつを結びつける性質。)



そこに見えるのは、


どうぞいらっしゃい、という余裕の姿勢。



力強さの中に、果てしない包容力。

ニラは何度刈り取っても、また葉が出て来るし、


そういうところも、気前の良さというか、小さいことを気にしない雰囲気を感じる。

小さな白い花をたくさんつけて、可憐な姿の中に、


懐の深い、肝っ玉な気質がみえてくるから面白い。








ニラがたっぷり入る餃子も、包まれている形をしているね。


ニラの包容力にあやかりたいなら餃子を食べる、っていうのもありかもしれない。







___お読みくださりありがとうございます。


次回は来週。

コスモスを見てみようかな、と思ってます。

見かけたらぜひ観察してみてください。

ちなみに花びらの数は3でも6でもありません。

 © 2018 草曜舎 souyousya 

  • グレーTwitterのアイコン
  • グレーInstagramのアイコン